クイーンカジノで遊ぶと捕まる?

クイーンカジノ

クイーンカジノで遊ぶの時に、違法性があるのか気になると思います。

今回は、そんなクイーンカジノの違法性について解説します。

クイーンカジノの違法性

結論から言うとクイーンカジノで遊ぶのは「グレーゾーン」です。

ただし、これはクイーンカジノに限らず全てのオンラインカジノにも言えることです。

オンラインカジノの違法性・合法性

オンラインカジノの違法性・合法性

現在の日本の法律では裁くことができないので罪に問われることもありません。

オンラインカジノは、運営している国がオンラインカジノを認めていて更にライセンスを取得していると日本の法律では裁くことができません。

刑法第百八十五条 【賭博】

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
刑法第百八十六条 【常習賭博及び賭博場開張等図利】

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
刑法より抜粋)

賭博に関する犯罪(賭博罪)は、必要共犯の中の「対向犯」に分類されており、犯罪の実行には2人以上の者が関与する必要があります。

法律用語の解説

必要的共犯:犯罪の成立に必ず二人以上の共同行為を必要

対向犯: 犯罪の成立に相手方を必要とする犯罪。

これをオンラインカジノに当てはめると、プレイヤーを有罪にするためには、オンラインカジノも有罪にしなければならないということになります。

しかし、オンラインカジノは海外で合法的に運営されているギャンブルであるため、日本の法律で裁くことは困難です。

そのため、対向犯の考え方に基づいて、「オンラインカジノを有罪にすることは難しい=プレイヤーを有罪にすることも難しい」と考えられています。

この説の他にも、オンラインカジノの法的性質については様々な見解がありますが、いずれにしても、日本では過去にオンラインカジノを有罪とした判例はありません

公的ライセンスを取得している

クイーンカジノ

クイーンカジノは、オランダ領キュラソー島のライセンスを取得しています。

公的なライセンスを取得して「合法的に運営されている」ので、クイーンカジノを日本の法律で裁くことのはできないのです。

まとめ

現在の日本の法律では、オンラインカジノを取り締まる法律はなくグレーゾーンです。

その理由は、海外のオンラインカジノが合法で運用している為、賭博法の適応ができないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です